スタート! 自転車リーダー養成講座

自転車リーダー養成講座
交通弱者が安心して使える、環境負荷の低い歩道や車道。
やさしい交通社会、つまりは「自転車のまち堺」の実現が、
さかい自転車リーダー養成事業の目的です。

自転車リーダー養成講座
「さかい自転車リーダー養成講座」も2回目。
今回も企業の方を中心に、28名の方々が受講。
集まったみなさんで「やさしい交通社会」の実現を
ともに考え、学びます。

自転車リーダー養成講座
午前の部は、大阪府警 堺北警察署の講義でスタート。
最新の事故件数などを交えた講義が続くなか、
実際の事故、それも事故の後遺症についてのお話しを伺いました。

「脳へのダメージは、その後認知症発症などへつながる・・・」
実例を聞かされ、受講者にもピリッと緊張感が走ります。

自転車リーダー養成講座
このあと、自転車の「リスク」をテーマにしたDVDの視聴、
「自転車安全利用五則」を論理的に理解する講義へ。

自転車リーダー養成講座
「自転車は車道が原則、歩道は例外」
ルールはわかっている、いやわかっていない人も多いのかもしれません。
そんななか「なぜ?」を数字化することにより、理論的に解説。
この数字をみたら、車道、もちろん左側通行しますよね。
だって、だれも事故にはあいたくないから。

自転車リーダー養成講座
続いて、堺自転車のまちづくり・市民の会 中村博司先生の講義。
いかに自転車事故を起こさない、あわないようにするか、
自分の安全は自分で守るをテーマに講義が進みます。

自転車リーダー養成講座
参加のみなさんで一緒に、中村流ハンドサインの練習。
年間7~8,000kmも自転車にのる中村先生がなぜ事故にあわないか。
その一つのこたえが「車とのコミュニケーション」だそう。
ハンドサイン、今日から始めませんか?

自転車リーダー養成講座
資料を食い入るように見つめる参加者のかた。
やはり数字化されると、漠然としたものがはっきり見え、
「自転車」に対する認識も大きく変わっていくのです。

 

●関連エントリー
「第二回 自転車リーダー養成講座が開催されました」

 

 

コメント

コメントお待ちしています。

*

トラックバックURL: http://bicycle-sakai.com/leader/331.html/trackback/